*

カーポドルランドでの心安らぐ一日。

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 カーポドルランド

さて、ひょんなことから予期せぬ地、カーポドルランドに宿泊することになった私達ですが、この小さい町に一つしかないホテルは宿泊代が高いうえ、インターネット有料。

こらタマラン、ということでホントに一泊だけして、もうパレルモ行っちゃおう!という結論に達しました。

 

 

でも、何よりも嫌だったのは、この町には飲食店がほっとんどナイってこと!!!

 

 

 

町中歩きまわって、ようやくお昼ご飯を食べられる所を見つけたと思ったら、思いっきり町のはずれ。

ホテルからゆっくり歩いて15分くらいかな・・・。

持ち帰りが主流のピッツェリアでした。

 

おじさんが一人で注文取って、作ります。

 

ピッツァの生地をクルクルして飛ばしたり☆・・・なんて事もせず、台の上で「えい、えい。」と伸ばします(o´ω`o)

 

 

テーブルは店内に2つだけ。

もちろんおじさん英語なんて話しません。

『なにか魚介類のモノが食べたいなぁ♪』と思い、イタリア語が分からなかったので、『シーフード(seafood)』という単語を強調して「どれがシーフードのピッツァですか?(英語)」と聞いてみたものの、おじさんは「????<(; ^ ー^)」。

 

英語わかんないにしても、シーフードくらい日常で出てこないものなの???

うん・・・出てこないものなのか・・・。

イタリア語勉強してこなかった私達が悪かったよ・・・・。

 

ここはイタリアだし、観光客もほぼイタリア人。(だと思われる)

ホテルのレセプションスタッフも、英語力は私達と同等レベルでした・・・。

海外に出て相手に「英語が上手に喋れなくてごめんなさいね。」と謝られたのは初めてでしたよ。。。

 

 

そこで私達がわかるメニューといえば・・・これっきゃない。

「ピッツァマルゲリータ ペルファボーレ(ピッツァマルゲリータください)」・・・。

出来上がったピッツァは大きいんですが、薄かったため、なんか出来あいのラザニアみたいなものを追加注文しました。

 

うーん、味はそこそこってトコです。

まぁ、ピッツァ一枚3ユーロとかだったんで、文句は言えない。

 

でも、そんな環境で数日滞在はちょっと厳しいですもんねぇ・・・o(´^`)o

 

 

 

 

町中歩いて、中華の赤いちょうちん見つけた時には思わず小躍りしたんですが、なんと安っちい雑貨屋営んでました!

中華料理作ろうよ~!!!

さすがの中国人も、イタリア人の食生活にはツケいれなかったのか・・・・!

 

 

 

 

この日の晩ごはんは、もうひとつの選択肢、ホテルのレストラン☆にしました。

 

このホテルは海に面しているため、レストランの席からも海が見えます。

時刻はちょうど日没。

この写真は屋内から取っているためにガラスに電球が写っちゃいました^^;

素晴らしい眺めでした。

 

ここのレストランは雰囲気がヨカッタ為、「スパゲッティ一個ずつ!」とか頼みにくかった・・・。

なので、頑張ってイタリア人並みにオーダーしてみました!

 

こちらはウニのスパゲッティ!

メインを半分コするよりは第一のお皿を半分コの方が格好つくカナ?と思い、これを二人で半分コ。

だから写真は1/2の量ですね^^;

(ここのレストランは二皿に分けて持ってきてくれました♪)

 

ちなみに、これ、イタリア語のみ!のメニューをウェイターさんが英語で説明してくれたんですが、「ブラック・・・ボール・・・・(そしてイガイガを指で表現!)」と、なにやらカワイかったので、「それにするよ!」と即決しました。

英語で言われてもウニなんてわかんなかったから、ちょうどヨカッタけど。(*^▽^*)ゞ

イタリア人の英語力には親近感がわくなぁ!!

 

メインにはよしたけはポーク、さちこはチキンを選びました。

 

これとあとサラダ。

パンはオーダーしなくても付いてきました。

飲み物はワイン♪

と、いいたい所ですが、二人ともこの時点ではワインが苦手。ビールです^^♪

 

この後、普通ならデザートかフルーツを頼んで、さらにコーヒー・・・・となるんですが、さすがにもうダメでした・・・。

おなかいっぱい。ギブです。

お値段は二人で47ユーロでした。

5500円くらい?ちと厳しいな。。。

(いや、安いと見るべきなのかな・・・!)

 

 

おぉ、食事している間も日は傾いていきます。・・・美しい・・・。

 

食事が終わるころには水平線に太陽が隠れ始めていました!赤ちゃんとお散歩中の女性をパチリ☆

 

あわてて外に出ると、太陽が沈みきって、そのあと訪れるマダ明るい時間。

邦画のタイトルにもなっていましたよね、『マジックアワー』ですね。

 

日照時間が長いせいか、日没もゆっくりだったと思います。

正直、ここに暮らす人達が心から羨ましくなりました。

だって、ここの人達にとっては当たり前の日没ですが、私からしたら涙が出るほど美しい光景だったから!

ただただ静かに当たり前に太陽が水平線に沈んでいくんですよ。

 

ギリシャのサントリーニの夕日は確かにキレイだったけど、大勢の観光客と一緒に鑑賞して、終わったら「ブラーヴォ~!」の声と拍手。

どうしてもこちらの夕日の方が心に染みる何かがあります。

 

日本で子供を産み育てて、手が離れたらこんな所でゆっくりのんびり暮らしたいなぁ・・・と、ほんわか思いました(o´ω`o)

 

 

 

さて、後から調べるとこのカーポドルランドには一応安宿もありました。

が、どれも町からはちょっと離れてる。

駅前からバスが出てたから、それに乗ってアクセスするんだと思うんですが、そんなことはこの町に着いた時には調べることは不可能でした。

 

そこで、周りにWiFi利用可の場所が見つからなくてもiPadでインターネットが出来るように、vodafone(ボーダフォン)へ3G回線のマイクロSIMを買いに行きました!

カーポドルランドにボーダフォンショップがあってヨカッタ♪

 

こちら、めんどくさそうな契約(利用者登録?)をして、使用出来る状態までiPadを仕上げてくれた優しいオジサマ☆

額が後退してて、こんなポロシャツ着ててもカッコいい(*´∇`*)☆

 

お店は結構広かったけど、一人で切り盛りしてる感じでした。

だって、見て!この営業時間!

朝は8時半から昼の1時まで。

そっからお昼ごはんとシエスタで2時間半休んで、夕方4時から再開、夜の8時まで~(*´∇`*)

 

え~と、実働8時間半!

一人で充分ですねぇ♪

 

夜の8時って言ったらまだまだ明るい。

この辺は9時くらいまでしっかり明るかったです。いい仕事だぁ。

 

ちなみに、このおじさんは英語がペラペラ。不思議!

 

 

んで、使用料金なんですが、なんと1ヶ月10ユーロ!!(1150円くらい!)

破格!日本頑張れ!

一応利用制限みたいなものはあって、1GBまで快適に使え、それを越えたらめっちゃ遅いスピードになる・・・(みたいなことをイタリア語でのホームページに書いてありました・・・。真偽はどうなんだろうか。)

でも、1GBっつったら結構な容量。

そら動画とか見だしたらあっちゅー間なんでしょうが、『街中でなにか急に調べものしたい!』とか、『電車の待ち時間に次の宿探し!』とか、『メールチェック』なんてことは余裕で出来ます。

2週間強使って、結局500MBくらいしか使わなかったそうです。

 

ただ、残念なことに次の国、フランスでは使えないみたい。

(地続きなのにね!)

ちぇっ!どうした、EU!

 

登録にはパスポートと、あと、宿泊している住所がいるみたいです。

 

 

 

あ~ぁ、ここの町にあと2つ飲食店(ひとつくらいは中華希望)があれば、ホテルが90ユーロでもあと3泊くらいしたかったなぁ~.゚+.(´∀`*).+゚.

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑