*

ドコモの海外パケホーダイをPCで使ってみた in ドバイ

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 中東のインターネット事情

ドバイのいまのホテル「カントリークラブホテル」のインターネットはWIFIなんですが、なんとIDが部屋番号になっているため、一部屋につきひとつのIDしか発行できないとのこと!

こちとらPC2台あるから2個くれ~!とお願いしてみるも、かわりばんこに使っておくれと言われる始末。。。

有線LANなら、ルーターもスイッチングハブも持ち歩いているのでなんとかなるんですが、無線LANのみでID1個だと、どうしてもPC1台しかネットに接続できねえ・・・。

それでは仕事にならん!ということで、最終兵器を出すことにしました。

 

ドコモの海外パケホーダイ 1日最大2980円プランでやんす。(こんなこともあろうかと、FOMAとPCを接続するケーブルを持ってきてもらってよかった^^)

 

てか、1日最大2980円って高いな!と思いつつ、一昔前までは海外で携帯でネット使い放題なんて夢のまた夢みたいな感じだったんだから仕方あるめえということで覚悟を決めて使うことに。。。

 

しかし、覚悟を決めて、設定を始めてみるも、これが分かりにくい。。。

いやまあ、終わってみれば、それほど難しい設定作業ではないんですが、ドコモの海外パケホーダイのページにも、こうやってやるんだよ~という手順をまとめてくれたものがないので、全部でどういう作業や設定が必要なのかがすごい分かりにくかったです。

そんなわけで、手順をまとめてみましたので、ご参考にしてください。

 

1:パケホーダイに申し込む。
こちらの対象料金プランページを参考にパケホーダイに申し込みます。

2:mopera Uに申し込む。
ドコモがやっているプロバイダサービス。スタンダードプランで月額525円、ライトプランで315円です。
違いはよく分からなかったので、大は小を兼ねるだろうってことでスタンダードにしておきました。
mopera Uのページはこちら

3:FOMAの通信設定ファイル(ドライバ)をダウンロードしてインストール
機種ごとに違うので、こちらのページから自分の機種用のドライバをダウンロードしてインストールします。

4:ドコモコネクションマネージャーをダウンロードしてインストール
ドコモの携帯を使って、PCでネットするときに面倒な設定や料金カウントなどをしてくれる便利なソフトです。
ダウンロードはこちらからできます。

5:ドコモコネクションマネージャーを立ち上げて設定
海外にいるときに、FOMAをPCに接続した状態でドコモコネクションマネージャーを立ち上げると、自動的に国際ローミング設定画面が立ち上がってきます。
接続先が、mopera U(従量制)になっていることを確認してOKを押します。

6:FOMAの国際ローミング接続先を海外パケホーダイ対象事業者にマニュアル設定する。
「海外パケ・ホーダイ」対象事業者のページを参考に、FOMA本体の国際ローミングのネットワークサーチをオートからマニュアルに変更して、対象事業者に設定します。

7:いざ接続!
接続ボタンを押すと、なにやらいろいろ注意事項が出てくるので、ちゃんと読んで接続します。
ちゃんと設定できてないと、恐ろしい高額請求になっちゃうリスクがあるみたいなので、ドキドキです^^;
 

これでOKなはず!

 

使ってみた感想は、ちょっと遅いけど、まあまあ実用的なレベルの早さが出ています。
場所や時間帯にもよるでしょうが、なかなかいい感じです♪

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑