*

エディンバラ→アムステルダム~☆

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 アムステルダム, エディンバラ

さぁ、長かったイギリスも終わりです!

再度、シェンゲン協定内に舞い戻る時がやってまいりました~。

 

 

次なる目的地は

 

オランダー!!

 

アムステルダムーーー!!!

 

 

 

私達のシェンゲン協定の残り日数は45日。

(ギリシャ・イタリア半分・パリだけで45日過ごしたのか・・・!おきらくすぎる・・・!)

考えた結果、中央以北を行けるだけ行って、日数無くなったらアフリカに飛び、

12月中旬に西欧の南の方に戻って、行きたかったけど行けてない所に行って、

ほいでから南米に飛ぶ感じ。

 

 

ものすごく悩んだ結果、北欧諦めました・・・o(TヘTo)

だって、北欧なら北欧だけで、また旅行しやすいし・・・。

(寒いし・・・。)

 

 

とりあえずの予定としては

オランダ→ドイツ→チェコ→(ポーランド→)オーストリア→スイス→イタリア北部→

エジプト(以降アフリカ~。)

ってな感じ。

 

 

まぁね、ドイツのミュンヘンでビール祭り行ったのはもう書いてるので、今どの辺なのかも

想像つきそうですが、とりあえず、イギリス出る時の予定はこうでした。

 

 

 

北欧諦めたのはイタかったけど、ベルギー諦めたのも悲しかったなぁ!

ちょこれーとぉうおぅ!!。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

 

でもっ、でもですねぇ、まず行っておきたい所を優先して行っとかないと!って思って・・・!

それがマズはオランダのアムステルダム!

 

 

アムステルダムでの目的はチューリップでも風車でもない!!

 

それは

 

 

 

飾り窓地区ー!!!ヽ(=´▽`=)ノ

 

どっかのブログでチラッと見てからどーーーしても行ってみたくなって!!!

 

あ、飾り窓地区がなんだかわからないですか?

大丈夫!よしたけがスデに下書きをすませているので、スグにご説明いたします!!

 

 

 

 

今回はサラッと移動を書いておかないとね。

 

 

エディンバラの市街地から空港までは、鉄道駅のまん前からバスが出ています。

ふたりで7ポンド。900円くらいですね。

30分に一本っくらいの結構な頻度で出発しています。

料金は運転手さんに直に払います。便利。

 

空港までは1時間かかってないと思う・・・。30分くらいかな・・・。

 

 

エディンバラ空港の手荷物検査は厳しそうだった!

ちゃんと液体持ち込み用のビニールパック用意してるの!!!

こりゃ、

「ここまでしてんだからルール守ってないヤツは没収するかんね!」

って空気がビンビン伝わってきます。

 

 

今回のフライトはイージージェット。

エディンバラ→アムステルダム、大人二人で211.13ポンド。

26000円くらいですね。

ホント、前もって予定立てとけば安いチケットもあるだろうに・・・・。

いつまでたってもそこんところは学習できない大人二人です。

 

フライト時間は大体3時間。

時差がいつもと逆になって、時間が進むっつーのを、この旅初めて経験。

おかげで翌日の朝に寝坊してしまい、起きてから30分で荷物まとめてチェックアウトするという

離れ業をやってのけましたけどね。

 

 

こちらは到着時のアムステルダム。夜の・・・9時半・・・だったっけな・・・。

 

空港からスグにアムステルダム中央駅に出られる鉄道があります。

これはキップの自販機。

この自販機、現金使えませんでした!

クレジットカード、デビットカード等のみ。

 

ちなみにこの鉄道を利用して空港からスグにロッテルダムにも行けるみたい。

「お~、なんか知ってる地名~。」

で終わりましたが、ロッテルダムにはなにがあったんだろうなぁ・・・(o´ω`o)

 

 

こちらがキップ。

大人ふたりで8.4ユーロ。1000円弱ですね。

おっと、この時には円高がさらに進行していて、以前の計算(1ユーロ=115円)ではなくなってますね。

うーん、メンドクサイけど、105円で・・・今後計算していきましょうか・・・。

900円弱です!

 

円高は大変ありがたいが、ちょっと目を離したスキに10円単位で動くなんて恐ろしいですね!

ポンドも今は10円くらい下がってるし・・・。スイスフランも下がったし・・・。

円のみ取り残されている感じ。

 

 

 

で、これもお馴染。改札を通るのではなく、キップに使用開始時刻を刻印。

でも、電車の中で別の旅行者がこの刻印忘れを検札の人に指摘されてたけど、

「僕達アムステルダム初めてだから知らなかったよ~。」で、ほのぼのした空気のまま注意のみ受けてた。

 

やっぱり、そんなキビシクはしてないんだろうなぁ。。。

 

 

 

で、こちらが夜のアムステルダム中央駅。

美しい駅なのに改装工事中で一部隠されてた・・・。残念。

 

着く前から不安はなかったけど、やっぱりこの辺りの治安は良さそうです。

夜でもたっくさんの人が出歩いてるから、まったく危険を感じなかった。

 

インフォメーション閉まってて困ったなぁ・・・くらい。

アムステルダムも短期間しかいない予定だったので、ガイドブック用意してなかったんですよ。

地図もなけりゃ公共交通の乗り方すらわかんなくて、カナリ行き当たりばったりでホテルまで行きました。

 

 

ホテルの場所を地図で確認すると、近くにトラム(路面電車ですね!)の駅があったので、それを頼りに向かう。

駅前にいた何某かのスタッフさんに「ここいきたい。」と告げ、トラムの乗り場を教えてもらいました。

トラムの乗り場は駅前に2つあるから気をつけて!

 

 

アムステルダムのトラムは入口にチケットの係員さんが座ってるので、そこで直接料金を支払えました。

ちょっと見づらいけど、右端にあるBOXに人が入ってます。

ほいで、この青いのがキップだった。

紙なんだけど、機械にかざして使用開始をします。

他の乗客はカードの様なものをやっぱりその機会にかざして乗りこんでいました。

(1時間有効のこのキップが2.6ユーロもするし、キットあれを使うと安いんだろうなぁ・・・。)

 

 

ちなみにこのアムステルダムのトラムは車内に現在の駅名と、次の駅名が確認できて大変便利。

他の国のトラムもこうわかりやすかったらいいのにな・・・。

 

 

 

で、この日、ホテルに到着したのはなんやかんやで夜11時くらい。

(小銭持って無くてスグにトラム乗れなかったりしたからかな・・・。)

 

それでも危険を感じずに歩けましたね。

西欧はすごいね!!

関連記事

再度アムステルダム続きで~す。

たびたびリアルタイムの事をはさんでしまい、なんかゴチャゴチャしてきましたね。 でも、アムステルダム、

記事を読む

エディンバラをふらっと観光。

エディンバラはスコットランドの首都(だよね?)。 さすが首都だけあって、イロイロ観るモノがありました

記事を読む

アムステルダム続きで~す。

え~、間に現在のことが挟まってしまいましたが、旅の続きを書いていきます。 前回はアムステルダムの飾り

記事を読む

アムステルダム→ケルン鉄道移動。

さて、リアルタイムなコトと旅の記録を行ったり来たりでなんか長く感じたアムステルダムともお別れ。 次に

記事を読む

no image

アムステルダムの飾り窓地区で大興奮(*゚▽゚*)

最初、僕たちはオランダに行く予定はありませんでした。   イギリスの次はどこに行こうかな~

記事を読む

グラスゴー→エディンバラ

ちょっと間があいてしまいましたっ。 シェンゲン協定に急かされるようにただいまユーロ圏を駆け足で回って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑