*

エディンバラをふらっと観光。

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 エディンバラ

エディンバラはスコットランドの首都(だよね?)。

さすが首都だけあって、イロイロ観るモノがありましたよ。

 

 

まずは、エディンバラ城。

お城の中に入るには結構入場料がかかるので外から撮影のみ。

 

何とかお城だけ撮影したかったけど、この親子連れがなかなかどかない。

 

なぜならアイス食べてるから。

 

一心不乱に家族でアイス食べてるから。

 

なぜ観光地の前で写真も撮らず、会話もせずにアイス食べてるんだろう・・・・。

しかも、結構寒いのに。

 

 

欧米人のアイス好きはホントに異常。

そら(横にも)大きくなるよ。

観光地ですれ違う欧米人の三組に一組はアイス食べてるから、

機会があったら一回注意して見てみてください。

 

 

 

で、このエディンバラ城は、以前書いたエディンバラの8月のお祭り

ミリタリー・タトゥの会場だったりします。

お祭りは終わってたんだけど、観覧設備の撤収がまだで、お城を遠くから見ることが出来なかった。

うぅぅ、スクリーンが邪魔ですね。全体を撮影することはできなかった・・・。

 

 

このお城の入り口付近にはお土産屋さんが。

 

スコットランドといえば羊毛。

羊毛から毛糸を作る機械や、その作業風景

毛糸を大きな網機でニットにしていく風景などが人形を使って再現されています。

人形とか機械が埃だらけだったのが気になったけどね。

羊毛扱ってるからホコリすごいんだろうなぁ・・・。

 

 

そしてスコットランドの伝統衣装、キルトの展示がしてあります!

 

 

そして、ここではキルトを着て記念撮影が出来るんですね~(o´ω`o)

 

お土産売り場のとこのレジでこの広告発見して、手持ちの現金もあまりないのに

「せっかくだから撮っとこう!o(*゚▽゚*)o」と即決。

 

全部のパーツが一体型になって、後ろファスナーひとつで着れるようになってる

キルトを着せてもらうよしたけ。

 

そして、さちこもよしたけに合わせた衣装に着替えてパチリ☆

 

お見せできないのが残念だ!よしたけが結構似合ってました^^

この見本の左側のやつを着ました。

 

私達の前に撮影していた欧米人カップルはそれはもう!いろんなポーズを自発的にとっていて、

カメラマンさんも一体いつまで続くのか!というくらいシャッター切ってましたが、

私達は言われるままのポーズを4種類ほど・・・パチリ☆

 

日本人の奥ゆかしさにカメラマンさん苦笑い^^;

 

こちらの撮影料金は衣装代・写真2カットも入ってふたりで19.95ポンド。

2500円くらい。

まぁ、旅の思い出づくりとしては安い気がする・・・。

 

 

 

この近くにスコッチの蒸留が見れる博物館(?)があって、試飲なんかもさせてくれるらしい。

私たちは行ってません。

行っても飲めないしね。

美味しくなくても飲んだら買わなきゃって気がしてしまうしね。

ほほ、日本人気質ばっちり☆

 

 

 

 

こちらはエディンバラの至る所で見かける(耳にする)バグパイプを吹くキルト着たおじさん。

もちろん、小銭を小銭BOXに入れてから撮影。

結構稼いでたよ。

 

 

 

 

こちらはロイヤル・マイルにある教会。

今にも落ちてきそうな空ってこういうどんよりした感じの事を言うんでしょうね。

スコットランドの建物にはこういう空が似合うね。

 

教会内部の撮影にはちょっとお金がいった。(いくらかは忘れました^^;)

払うと胸にカメラが描かれたシールを貼ってくれる。

持ってる紙は日本語の教会内のパンフレットでした。こっちは0.5ポンド。

 

内部にある礼拝堂。

あ、左下にぼやっと写ってるのは見えちゃいけない人ではないです。

この教会のガイドさん。

なんかやたら質問してくる欧米人女性につかまって延々なんか説明してた。

 

この教会のステンドグラス。

ステンドグラスの陰影って、独特ですよね。

 

 

 

 

あと、エディンバラで観光客を集めるのは、女王様の夏の避暑地、ホリールードハウス宮殿。

 

ここは、王族がいない時には一般開放している。

モチロン有料。

あんまし興味惹かれなかったので、こちらも外側からのみ。

 

内部へ入る入口には2人の女性。

お客さんが前に溜まってきてたのに、ひたすらくっちゃべってた。

日本の接客業は精神削ってお客にへりくだってるってのにね・・・。

 

あの風習どうにかならんかね?ならんかな・・・、ならんのだろうなぁ・・・・むむむ。

 

 

ここにはクィーンズギャラリーという美術館がある。

てっぺんに鎮座しているヤツが面白かったので、拡大^^

座り方もかわいいし、でやーって両手に持ったモノを掲げてる姿もさちこの心をわしづかみ。

 

 

こちらも入場料払うほどの魅力は感じなかったので、やっぱり外からのみ。

別にケチッてるわけではなくて、パリで美術館めぐりしてちょっと食傷気味なんです^^;

 

ヨーロッパの町並みも、いいかげん飽きてきてるしね。

もうちょっと行く所絞って、サクサク動く方がいいんだろうなぁ。

仕事しながらだからそうはいかないけど・・・。

 

いかないんスよ、ホント、大変なんスよ、仕事しながら世界一周。

 

 

 

あと、これ、なにかわからなかったけど、ランドマーク的なものだと思う。

人が上に登ってたよ。

なんなんだろうなぁ、ホント。

誰か知ってたら教えてください☆

 

 

 

おまけ。

テスコで見つけた洗濯石鹸と、柔軟剤(?)

 

一回ずつにパックされてんの!

しかも、水に溶ける材質らしく、そのまま洗濯機に入れろって書いてあります!

なんて画期的なんだー!!!

関連記事

エディンバラ→アムステルダム~☆

さぁ、長かったイギリスも終わりです! 再度、シェンゲン協定内に舞い戻る時がやってまいりました~。 &

記事を読む

グラスゴー→エディンバラ

ちょっと間があいてしまいましたっ。 シェンゲン協定に急かされるようにただいまユーロ圏を駆け足で回って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑