*

パレルモ→ナポリー!!バス移動。

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 パレルモ, ナポリ

パレルモでの(さちこ的)観光の目玉、マッシモ劇場は見てきたので、今度は南部イタリアの目玉、カプリ島の『青の洞窟』目指してマズはナポリへ!!!

 

移動方法はフェリーか列車かバス。

フェリーは高かったので、バスで。

(列車はほら、こないだ痛い目にあったし、同じ移動方法はつまんないからね。)

 

しかも、長距離バス乗り場が鉄道駅のすぐ近くなので、宿泊しているホテルからすぐだったんですよ。

この会社がナポリ行きのバスだしてます。

 

バスは夜行です。

夕方5時に出発して、9時くらいに中継地点に到着。

中継地点はどっかの駅でした。駅構内に飲食店発見。

が、「ピッツァはもう終了したよ」と言われ(意訳してます。正確には「ノ。」と言われただけ。)、仕方なくパニーノを購入。

 

 

えーと、一つはトマトとハム・チーズ。もひとつはモツァレラチーズとバジル。

 

こんなんでおなかもつかな・・・・。

おやつも売ってました。

 

こちらは中継地点の待合所。

コンセントあり。

WiFiとかはなし。

あと、ロッカーあり。(有料。)

トイレもちゃんと男女別で結構きれい。

ここで次の出発(10時すぎ)まで待機。

 

ここに着いてからの行動はイタリア語ながらこのバス会社の人が丁寧に指示してくれるので、困ることはなかったです。

待合所でみんなが笑いながら観てるテレビ番組が、なんか一般人参加者がヘルメット等を装備して、大きな池の上で障害物をくぐったり飛び越えたり、かわしたり・・・と、日本と同じような番組でした^^

ああいうのはどこの国でもやってるんでしょうね。

 

 

次のバスに乗り込むと、スグにフェリーへ収納されました。

このバスは遅れて到着しておきながら、「早く乗りこめ!」と高圧的だった。

今思えば、フェリーの時間があるからだったんだろうけど、だったら早く到着しとけよ・・・。

 

 

あとはナポリまでノンストップ!さちこ熟睡!

え~、こちら、マダ夜が明けきる前のナポリ駅でございます。7時前くらい。

 

7時から開くバールがあったので、すこーし休んで開店を待ち、カプチーノとクロワッサンをいただきました。

(クロワッサンの中にはその場でチョコを入れてくれた。甘すぎず、ちょーどいいなぁ。)

他の方々は大体立ったままコーヒーを飲み、クロワッサンを食べています。

うーん、なんか、ヨーロッパっぽいね!

 

私達は日本人だし、でっかい荷物背負いながらなんて嫌だから隣接するマクドナルドの席でゆっくりいただきました。

そっちはマダ、カウンター開いてなかったからね!!

 

 

ここからはバスなり地下鉄なり、タクシーなりと使って目的ホテルまで移動。

(もう駅近はやめた。なんかこわいんだもん!)

タクシーは除外。節約節約!

 

でも、ローカルバスの乗り場がわからん。

ちょっと周りを歩いてみたんですが、それらしい場所はなかった。

(チケットの仕組みもイマイチわからんし。なんかタバッキ(tabacchi)で先に買っとけって話だけど、朝早くてタバッキ開いてないし。)

 

地下鉄なら簡単だろう、と思って鉄道駅の真下のホームまで下りて行ったんですが、キップの使用開始打刻機があるだけ・・・。

キップ販売機というものはないらしい。

 

前にも少し書きましたが、イタリアの電車・地下鉄は改札が無い。

すぐにホーム。

キップを窓口とか、タバッキであらかじめ買って、ホーム近くにある打刻機に通して、勝手に乗る。

たまーにキップのチェックが入る。

キップ持ってても使用開始をしていなかったりしたら料金の60倍の罰金。

 

困ったなぁ・・・キップ拝見にぶつからないコトを祈って無賃乗車?!

いやいや、日本人たるモノそんなコトはできん!

どこかにヒントは・・・!と思い探してみるも、売店らしきものはない。

 

困ったなぁ・・・誰かに聞こうにも駅職員なんて歩いてないし、全員旅行者か、出稼ぎのモノ売り。

仕方なく、鉄道のチケットオフィスへ。

 

 

「地下鉄のチケット買いたいんだけど・・・」と言ったら、「あのカウンターに並びな。」だって!

なーんだ、ここで売ってたんだ~。(*´∇`*)

 

こちらがナポリの地下鉄のキップ。90分有効で、1.2ユーロ。140円くらいか。

 

そして、キップを手に入れた私達は意気揚々と地下鉄のホームへと降り立った!!

・・・、はい、暗くて怖かったです。

 

 

しかも、乗客のほとんどはこれから各地へご出勤される出稼ぎさん達。

大きな荷物は商品です。

人によっては商品並べる台も運んでるから、なんか異様な光景でした・・・。

インド思いだすゼ!!

 

 

ホテルはHOTEL GOLFO(もしくはAlbergo Del Golfo)。

 

大通りがすぐそこにあるんですが、着いたのが日曜の朝だったので、人影まばら。

店も開いてなかった。

もー、イタリアの日曜キラーーーイ。

 

 

残念なことにホテルのネットが遅いのに宿泊代は高かったので、翌日にも別の場所に移動することに。

悩んだ末に次はソレントという所に決定。

ここから始まる海岸線はアマルフィ海岸と呼ばれて、イタリア屈指の景勝地。

(邦画の舞台になってましたよね~。)

 

このソレントからは、カプリ島もすぐそこ。

『青の洞窟』は少しでも波があると入れないらしく、様子をみつつ、入れる時に行くっつーかなり難易度の高い観光地。

(カプリ島には安宿は見つけられなかった・・・。)

 

 

明日には移動、と決めたので、さっそく移動手段の下調べ。もしくはチケット確保。

てくてくフェリー乗り場まで歩いていき、便数みると、結構あるのでチケットは当日買う事に決定。

 

こんなかんじでガラスにペタペタ張ってあるのを確認しただけ。

 

 

ほいで、ナポリは一泊のみ、という事になってしまったので、ナポリピッツァを食べておきました~♪

ピッツァ・マルゲリータで~す。

 

これ、ウマ━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━イ!!!

 

なんていうか、もっちもちしてて、カリカリでもなければフカフカでもない、同じイタリアでもこんな違いがあるんだなぁ、とビックリしました。

(日本でもうどんだしが西と東で違ったりするから当たり前か^^;)

 

あとは、うどんみたく太く短いパスタのフルッティ・ディ・マーレ(海の幸)。

これ、味は美味しかったんですが、パスタがあんまり合っていなかったと思う・・・。

やっぱり、フルッティ・ディ・マーレはスパゲッティで食べたいよね!!!

 

 

 

なんでも、ピッツァ発祥はここ、ナポリ。

スパゲッティは北の食べモノだそうです。

(確かに、南部にいるとメニューにスパゲッティの種類が少ない。せいぜいが2種類くらい。他のパスタはあるんですけどね。)

 

ソレントとかに行ってもナポリピッツァが食べられると踏んでいたんですが、出てくるのはカリカリしたやつばかりでした・・・。

もっとここで食べとけばよかったなぁ・・・!

関連記事

パパらぱらぱらパラららら~♪

ぱらりら~♪ なんつって、この文字だけ追ってどれだけの人が意図を汲んでいただけるだろうか・・・^^;

記事を読む

やっぱ都会は違うねぇ!

カーポドルランドを一泊で通り過ぎ、やってきたのはシチリア島最大の都市、パレルモー!!  

記事を読む

イタリア人の素晴らしい人柄!!(*´∇`*)

ここ、パレルモでも「日本に帰ったら使おう♪」と買い物してしまったモノや、おみやげなんかを日本に送りま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑