*

ぶらりローテンブルグ!かわいい町並み~♪

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 ローテンブルグ

ローテンブルグの観光といえば、まずはからくり時計。

 

市庁舎の横の建物にある可愛らしい鐘楼。

これは左手にある市庁舎。

 

 

この時計の窓が毎正時になるとパカッと空きます。(11~15、20~22時)

 

残念ながら写真にはウマく写らなかったけど、昔この町であったストーリーに沿ったお人形が出てきます。

 

町を侵略した将軍が市のエライ人達の首をはねることにしてたんだけど、誰かが大ジョッキに入ったワインを

飲み干したらやめたげるって言って、市長さんが見事飲み干し、斬首刑がなくなったというお話。

 

そんで、市長さんの人形と将軍の人形がワイン飲み競争(?)をしている風景になってます。

 

 

 

 

あと、この町の観光は、中世犯罪博物館。

 

入ったらスグにこんなモノがお出迎え・・・。

よく映画で見るヤツだー。

 

これも入口にある。モデルはよしたけ。

 

 

内部は日本語の説明文もあったりして、カナリ日本人に良心的。

というか、説明文なかったらゼンゼン面白くないもんね。

 

犯罪、と聞くと何やら不穏な響きですが、昔の拷問器具などが展示されております。

そんなに怖くない。

むしろ滑稽なものが多いです。

 

 

 

これは辱めを与える刑罰。

道徳上良くないことした人はこれ被って2時間町民に晒されたそうです。

なんて酷い・・・!

 

 

おお、イタそう・・・・。

 

 

これも酷い。

樽被って町内引き回し。(右)

 

これがその樽なのかな?

 

 

ミニチュアで拷問器具を紹介。

 

こちらは拷問されてる様子。

 

 

 

『男と女の決闘』・・・?

そういうタイトルの絵。

さすがに全身タイツでは戦っていなかったことを祈りたい!

見てる人笑い転げるだろう。

 

 

女性の方が力が弱いからハンデとして男性は穴の中から戦う。

 

うーん、これはハンデ大き過ぎでは???

さらに、説明文によると女性が勝ったら男性は死刑。

男性が勝ったら女性は手首を切られるだけ。

 

いや、手首切られんのも嫌だけど、この差は酷い!!!

そもそも決闘に進展する理由がわからない・・・!

謎が多い中世ヨーロッパ。

 

 

 

あぁ、これ、アレやね~、中がイガイガしてるやつ。

身持ちの悪い女性が閉じ込められたそうな・・・。

 

世の中いろいろな事が起こるけど、こんなモンで痛い思いすることがあり得る中世ヨーロッパって

ほんとスゴイよなぁ・・・。

 

 

ひとしきり中世の拷問器具を拝見したら、次は少し北西に行ってブルク門から城壁の外へ。

 

ここから眺める谷の眺望が素晴らしいと『歩き方』でおススメされたもので・・・。

よしたけの後姿。

髪が・・・!!伸び放題・・・!!

(現在はハンガリーで散髪しまして、かなりスッキリ。その話はマタ今度。)

 

 

ここはコボルツェラー門周辺。かなり可愛らしい。

中世犯罪博物館で下がったテンションを上げてくれます♪

 

こんなレトロな車が良く似合う!!(o´ω`o)

 

お店のウィンドウがこの町のミニチュア~♪

 

 

ここはホテルのすぐ近くにあった人形とおもちゃ博物館。

入ってないから内容は不明。

時間余ったら行こうかな・・・と思ってたんだけど、やっぱり一泊ではしんどかった・・・。

 

 

 

ドイツは見所が多いなぁ!!!

関連記事

ロマンティック街道をバスで移動☆

さて、フランクフルトで目的のお買い物を果たせないまま私達が次に向かったのは、 ローテンブルグという小

記事を読む

Rote Bete、ウマー!!

グーテンアーベント!さちこです。 さて、間に一回現状が入ってしまいましたが、また戻ってドイツのお話で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑