*

ウユニ塩湖内にある家具も建物も塩でできたホテル『プラヤ・ブランカ』

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 ウユニ

ウユニ塩湖の目玉のひとつでもあるのが建物やベッドやテーブルなどすべてが塩で作られたホテルです。

P1180776 (800x600)

ウユニ塩湖には塩ホテルがいくつかありますが、僕らが泊まったのは一番ボロいホテル『プラヤ・ブランカ』

なぜかというと、このホテルだけが、塩湖の中にあるんですね。
他にももっとキレイで高級な塩ホテルもあったりするんですが、それらは基本的に塩湖の湖畔に建っています。
どうせ塩ホテルに泊まるなら湖畔じゃなくて、塩湖の中だろうよ!ってことで。

P1180858 (800x600)

だいぶ前にテレビでウユニ塩湖特集をやってたときに、深津絵里だったか菅野美穂だったか忘れたんですが、この『プラヤ・ブランカ』に宿泊してて、すごい面白そうだったので、ウユニ塩湖に行ったらここに泊まりたい!ってずっと思ってたんですね。

では早速、塩ホテルの中をご紹介~。

家具も建物も全部、塩で出来ている!

P1180763 (800x600)

ミーティングスペース?
座って、飲食しながらお話できるようなお部屋。
このテーブルもイスも塩で作られています。

もちろん、この柱も床も塩。
まあ屋根にはちょっと木とかトタンとかあるけどね。

P1180831 (800x600)

ダイニングテーブル?
僕らはここで晩ご飯をいただきました。

P1180769 (800x600)

寝室。
このベッドももちろん塩でできている。

P1180929 (800x600)

ベッドにはリャマの毛皮で作られた毛布があります。
めっちゃ動物臭いので注意^^;

あと乾期のウユニ塩湖はけっこう寒いので、防寒着を忘れないように。
夜、寒くて寝られなくなりますよ。。。

P1180931 (800x600)

寝室から見た景色。
ホテルの前には塩でできたベンチとテーブルがあります。

P1180764 (800x600)

暇なのか知らんが、塩でいろんなものを作っているらしい。

P1180829 (800x600)

ちょっとしたお菓子や飲み物も置いてくれている。

P1180830 (800x600)

お土産屋もちょろっと買えたりする。

電気はありません。

一応、電気の設備はありますが、宿泊客が10人以上じゃないと電気は付きません。
僕らが泊まったときは宿泊客は僕ら2人だけだったので、電気なしでした。

ホテルの周りは何もなく、完全に月明かりだけの世界なので、夜は持参した懐中電灯とろうそくの明かりが頼りです。

P1180934 (600x800)

こんな感じで空き缶に入ったろうそくを用意してくれています。
空き缶の中にはロウがたまっているので、ずしっと重いです^^;

トイレはなかなか大変です

P1180803 (600x800)

トイレはご覧の通り、非常にぼろいです。
夜は真っ暗の中、懐中電灯の明かりを頼りに、このトイレに行きます。
なかなかのホラーです。

登山とかで使う頭に取り付けられるタイプの懐中電灯があると便利です。

P1180802 (600x800)

ぱっと見、上にタンクがあって、紐がついているので、水が流れるかと思いますが、スカンスカンです^^;
はい、紐を引っ張っても水は流れません。

トイレを出たところに水を貯めているタンクがあるので、そこから桶で水を運んできて、自ら流します(;_;)

晩ご飯はろうそくの明かりとともに

食事は、その日の晩ご飯と翌日の朝食付きです。

P1180909 (800x600)

これがその日の晩ご飯。
すでに真っ暗なため、ろうそくのあかりでかろうじていただきます。

P1180910 (800x600)

メニューが暗くて分からないので、フラッシュをたいてみました。
どうやらトマトソーススパゲッティのようです。

電気もシャワーもない。でも素晴らしい。

はっきり言って、電気もつかなくて真っ暗だし、シャワーもないし、リャマの毛布はめちゃくちゃ動物臭いし、トイレの水は流れないけど、素晴らしいホテルでした。
やっぱり1泊して良かったと思います。

それはやっぱり景色。

特に夕焼けと朝焼けと星空です。

周りになにも明かりがなくて本当に真っ暗な世界ですし、高地ということもあるのか、めちゃくちゃ星空がキレイでした。
残念ながら僕らの持って行ったカメラでは星空をキレイに撮影することはできなかったのですが、ホント、空一面が星だらけという感じで、すごかったです。

乾期だったので、鏡面に反射した星空というわけではありませんでしたが、それでも感激する星空でした。

P1180911 (800x600)

星空の撮影はできなかったので、日が落ちる前の空を。
既に少し星が見えます。

P1180905 (800x600)

夕焼けです。
空が赤く染まってキレイでした。

P1180919 (800x600)

日の出です。
めちゃ寒い。風すごいよ。

P1180920 (800x600)

真っ暗だった塩湖に日が出てきて、徐々に真っ白の世界に変わるのは絶景でした。

関連記事

ウユニの町をぷらぷらと、メルカドでお昼ご飯。

ウユニ塩湖ツアーから帰ってきて、その日はシャワーを浴びられる幸福、電気のある豊かさに感謝しつつ、トニ

記事を読む

ラパスからウユニへトドツーリスモの夜行バスで移動するよ!

ラパスを満喫した後は、最近にわかに人気急上昇中のウユニ塩湖のあるウユニへ移動します。ラパスからウユニ

記事を読む

ウユニ塩湖ツアー1日目~列車の墓からコルチャニ、塩のホテルまで。

ラパスからウユニに夜行バスで着いてから、トニートホテルに一泊し、次の日は朝からウユニ塩湖ツアーへ出発

記事を読む

ウユニ塩湖ツアー2日目~塩湖を満喫・魚の島・トゥヌパ火山~

塩のホテル「プラヤ・ブランカ」に宿泊した僕たちは、次の朝にホテルにてツアーのお迎えを待ちます。 ウユ

記事を読む

ウユニ塩湖で撮影してきたトリック写真をご紹介

ウユニ塩湖といえば、『どこまでも続く白い塩湖を利用したトリック写真!』ってことで色々撮りました。 い

記事を読む

ウユニの町中心部にある中級ホテル『トニートホテル』※フリーWi-Fi・朝食付き

ウユニは田舎町なので、大きなホテルはなく、中級ホテルが数件と、後は小ホテルがいくつかという感じです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑