*

サバーーーイ!ヽ(=´▽`=)ノ☆

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 ビエンチャン

はっ、しまった、このタイトルはスデに使っていたかな?ま、いっか。

だって、だって、気持ちがサバーーイ!なんだもーーん☆

 

サバーイとはタイ語で「気持いい」です。

そう!タイに戻ってきたんですよ~、今朝。

ラオスのビエンチャンから夜行バスに乗って、トータル20時間の旅~♪

もちろん全部バスに乗っていたんじゃないんですが、へとへとに疲れたので、タイのチェンマイについてホテルを確保したらもうマッサージへの欲望が止まらなくて!!

ちょっと豪勢に『ボディスクラブ1時間・オイルマッサージ1時間』のコースにしました~。

お値段おひとり700バーツ~。

2011.04.24現在のレートが1円=2.73円、1911円ですね!!贅沢してもこんなモノ!!タイ、大好き!!

 

ラオスでも何回かマッサージに行ってるんですが、けっこうハズレが多いです。

全体的に設備がキレイではないし・・・。

足も洗ってくれないトコ多いし・・・。

ふとんに枕の状態でうつぶせるからたまに「アレ、これ、殺されるんじゃ・・・」と危機感を覚えることがあるし・・・。

その枕がどーも信用ならないからタオル持参してその上に顔置くし・・・・。

体の上にタオルとか掛けずに揉むから肌と肌がすれてイタイし・・・。

技術そのものが稚拙だったりするし・・・(一番ダメ)。

とりあえず、さちこはタイのマッサージが恋しかったんです!!!

 

と、まぁ、マッサージのお話は置いときまして、移動のコト、書きましょうか^^;

 

町の旅行代理店をぶらつくと金額は様々ですが、しっかり商品として取り扱いがあります。

『VIPバス』と書いてはいますが、こないだのバンビエンからビエンチャンが『VIPバス』のイメージを粉々にしてくれていたので、ちょっと怖い。

「バスターミナルで自分でチケット買って行くか。」となりました。

そもそもマレーシアの移動では事前にチケット手配なんてしてなかったのに、いつから心配性になったんだか・・・^^;

 

で、ネットで調べたらタイのウドーン・ターニーという所のバスターミナルから出るチェンマイ行き20時のバスはしっかりVIP使用だ、とあったので、そこに合わせて余裕をもちつつホテルを出発。

それが12時。

ホテルからタラート・サオ・バスターミナルまではトゥクトゥク。

タラート・サオ

で、着くと『ウドーン・ターニー14時出発FULL』・・・。

えー!その次の便は16時なのに~!!

ウドーン・ターニーまでの時刻表

 

うん、まぁ、間に合うだろうけど・・・夜行バスは人気だって言うから、早めに行ってチケット買いたいのに・・・・としょんぼりしてたら横のカウンターに並んでいた欧米人女性が「ウドーン・ターニー行くの?ノーン・カーイ(ラオスとタイの国境の町)まで行ってバスを乗り換えたらいいわよ。」と教えてくれました!

そうか!その手があったか!!とすぐさまその女性のいる横のカウンターへ。

下の写真はノーン・カーイまでの時刻表です^^ 運賃は値上がりしたみたい。

ノーンカーイまでの時刻表

並んでる時にお話窺うと、高松・広島と日本に述べ5年程住んでいた過去をもつニュージーランドの方だった!!

だから親切だったのかな!

ありがたやありがたや。

(でも、こういう時、どこまで日本語で話しかけていいか迷いますよね!拙い英語よりはマシか??)

 

ほいで、仕方ないのでノーンカーイまで行きました。

12時40分発。一人17000キップ。バスって安い。

ビエンチャンからのバス

座席こんなんです。

ビエンチャンからのバス内部

預かり荷物に、紙のメモながら、タグを付けてる!

タグをつけるおにいさん

しっかりしてるね!なんて思いきや、受け取りの時にチェックなんかしていなかった。。。

ゴミ付けられただけ??

ゴミか?

 

バスターミナルで面白いモノ発見!

車酔い防止のグッズです。

車酔い止め

裏側。

メンソールの液体が入ってて、匂い嗅いだりこめかみに塗ったり。

さちこはガソリンの匂いで酔ってしまうので、これは即買いでした!5000キップ。

ほかにもラオスお馴染のフランスパンのサンドイッチとかも売ってます。

売店もたくさんあったよ。

タラート・サオのターミナル周り

 

途中出国・入国のため2回下車。

出国の時になぜかビザのオーバータイム料金を取られる。なにかわからず求められて払っちゃったんですけどね。ビザ代払ったのにね。ムダ金だったね。

ふたりで19000キップでした。

 

ほいで、友好橋を通過!名前がいいよね!

友好橋通過中

 

タイの入国のときには兵隊さんが荷物チェックしてた!

靴脱がされてる男性がいたので(さらにその靴をブンブン振られていた)、「えらい厳重やなぁ・・・」と思っていたら私達はスルーでした。。。

 

バスはさらに走り、ノーンカーイのバスターミナル到着☆

ノーンカーイ

すぐさま係の人に声をかけられて「チェンマイいきたいんだー。」というとウドーン・ターニーまでのバスに乗っけられる。

チェンマイまでは出てないのかな??

こんなバスでした。

ノーンカーイからのバス

バスの座席

いちおう時刻表撮っといたんでのっけときますね、手書きだからコロコロかわりそう・・・^^;

まぁ、いっぱい出てるってことです。

一応のっける時刻表

 

 

お昼ごはんを食べる時間はなかったので、ターミナルのバス停にて葉っぱにつつまれたソーセージみたいなんもち米、あと串に刺さったお肉を買いました。

いろいろある

ノーンカーイで買ったごはん

バスの中でがっつくふたり。

ソーセージみたいなんが絶品でした!!!

お店のおねいさん包丁で食べやすい大きさに切ってくれてた(o´ω`o)

 

ただ、バスは14時40分発となっていたのにナカナカ発車しなかった。

発車してもスグに停まり何しているのか30分ほど待たされたり・・・。

まぁ、ゆっくり行ってもらって構わない旅時だったんで大人しく待っていましたけどね。

 

 

ウドーン・ターニーに着いたのが5時くらい。

ウドーン・ターニーのターミナル

 

チェンマイまでのVIPバスは座席わずかでした!あぶないあぶない。

こちらはチケット屋さん。

チェンマイ行き

 

ここでさちこは必死にマッサージ屋を探すモノの見当たらず・・・。(あったら絶対繁盛すると思うんだけどな・・・・)

ターミナルから出てしまうと周りはなーんにもない。

ウドーン・ターニー周囲

 

代わりに1件だけインターネットカフェがございましたー。

バスの時間は調べた通り20時だったので、それまでお仕事・・・。つまらん。

ただ、ラオスとは比べ物にならないくらいインターネットが早い。泣きそうでした。

(日本に比べるとそりゃ、遅いけど。。。)

 

しばらくするとさちこのPC充電がなくなったので晩ごはん食べました。

チケットやさんの隣で久しぶりのチキンライス。

お店の明かりに虫がたーくさん寄ってきてて、それを狙うトカゲとの攻防戦をみつめつつ食事。

たまに虫落ちてくるしね。でっかい羽ありみたいなん。さちこ半泣き。

 

 

でも、バスを見たらテンション上がりました!

これぞVIPバス!!

これぞ、のバス

トイレもまぁまぁ!

VIPなトイレ

座席も間隔が広い!

ひろい座席間隔

さちこの足は前の席に届きません!

おふとん置いてある!(しかしなんか、すぃ~匂い!!ファブリーズを持っておけばよかった!)

おふとん置いてるバスの座席

おふとん広げたバスの座席。

 

出発時間もキッチリ守ります。

出発したらスグに車内係のおねいさんがおやつと水とカップのコーラを配り始めます。

このおやつがウマかった。

バスで貰ったおやつ

 

お水はマズかった。ボトルウォーターでマズイのは初めて・・・。

 

22時くらいまではチョクチョク停まってお客さんをのっけます。

バスターミナル沢山あるんだなぁ。

 

夜中3時くらいにトイレ休憩。

コンビニあり。

明かりつけられるから強制的に起こされます・・・。

トイレは無料。まぁまぁキレイ。虫はたくさんいる!!さちこ心の中で絶叫しながらトイレ入りました!

和式で手桶で水流すタイプでした。

 

 

あとは停まることなく朝8時くらいにチェンマイ到着~♪

 

疲れてきたので続きはマタ明日!

おやすみなさーい。

関連記事

no image

どこの国も首都は立派。

やってられないわっ! と投げやりな気持ちでいっぱい。なぜならネットが遅いから。   はぁ、

記事を読む

EMS高ーい(T△T)

今日は郵便局行って小包を日本に送りました☆ ちょっと急ぎの荷物だったのでEMSにしたものの、5000

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリウッドに来たよ!

今日はハリウッドに行くよ! いま宿泊しているダウンタウンのホテル

ロサンゼルスで日本を体感できる!※MIYAKO HOTELは超快適ホテルだ!

ロサンゼルスでの宿泊に選んだのは、ダウンタウンのリトルトーキョーの

ロサンゼルス国際空港(LAX)からダウンタウンへはフライアウェイが便利

アメリカへの入国は、9.11以来、厳格になっていると風の噂で聞いて

世界一周最後の国『アメリカ』へ向けてラパスを出発!

ラパスでは日本食三昧だったおきらく夫婦ですが、そろそろ世界一周最後

世界一周行くなら住民票は抜いて行くべし。※海外転出届を出すメリット3つ

世界一周を含め、長期の海外旅行に行くときには、『住民票』は抜いてい

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑